QLOOKアクセス解析






ストーカー対策は迅速な対応が肝心です。ストーカー行為がエスカレートして身に危害を及ぼす事件も増えています。 平成12年に施行された「ストーカー規正法」により警察が介入できるようになりましたが、確たる証拠がなければ警察もなかなか動いてはくれません。
ストーカー規正法による規制対象
042 つきまとい。自宅・職場・学校等での待ち伏せ、押し掛け、見張り。
042 行動を監視しているとを告げる行為。
042 面会・交際の要求。
042 乱暴な言動をする。
042 無言電話、連続した電話・FAX。
042 汚物や動物の死骸などを送る。
042 著しく名誉を害することを告げる。
042 性的羞恥心を害することを言う、物品等を送る。


bar040.png
ストーカー被害には様々なケースがあり、解決方法もケースごとに異なります。 当社ではお客様の状況に応じて最適な解決方法をご提案いたします。
当社が行う主な対策としては、尾行、張り込みを用いたストーカー行為の証拠撮影、ストーカー犯の所在判明を行い、報告書を作成いたします。報告書をもとに、警察に被害を訴え自分自身をお守り下さい。


koudou04.png
| TB(0) | CM(-)